*


【営業の心得1:自分のコストを考える】

営業をやっていますと、自分だけでなく
同僚や社外の方など、いろんな人と触れ合える機会があります。

それ自体 とても貴重なことで、自分も好きなんですが、
唯一 嫌なのが、仕事の愚痴が過ぎること。

とくに社外の人ではなく、社内の人の利益額がわかった上で
「その人のコスト > 利益」だった場合の愚痴については
本当に嫌になります。

会社は株主が所有していて、社長をピラミッドの頂点として、
営業や総務・経理など、様々な役割の人間が集まっています。

その中でも営業部門は「利益が見えやすい」部門で
会社環境や規模などに左右される部分はあったとしても、

自身のコスト(給与や保険など会社負担分・交通費・交際費)
実際に計上できた利益

というのは、会社も自身も すぐに把握ができます。
(逆に出来ない会社や人は、ヤバイです)

そこで自分のコスト以上に、利益を稼げないのであれば、
まず会社に文句を言うこと自体が、間違っている。

利益がコストを継続的に上回ってから、
会社に対して意見を言えば良いんです。

自分のお給料が、どこから来ているのか!?

天地からではなく、給与明細に会社名があるならば、
そのお給料は、間違いなく会社から出ています。

そして会社は「利益>本人のコスト」を求めています。

そうでなければ、水桶に穴が空いている状態で、
どんどんお金という水は流れ出てしまいます。

全員がそんな人だったら、会社も成り立ちませんよね。

なので営業だけにとどまらず、社会人ならぬ会社人として
自分の給料 < 利益」という意識をしっかりと持って
日々の業務に取り組むことが、「基本のキ」の心得だと思います。

※☆※ 余談 ※☆※

そんなことはない。

もっと自分らしい生き方があるとか
会社のやり方は間違っているっていう人は、
自分にあう会社に転職すれば良いと思います。

ただ そこでも最終的に求められるのは「利益>コスト」ですが。

それを求めない会社は、その時 居心地が良いと思いますが、
早晩 成長が止まったり、潰れていく運命にあると思います。

あとは独立して、自分で会社を起こすかどうか。

会社を設立すること自体は簡単ですが、そこから自分で利益を上げて
自分や自分の家族を将来にわたって養っていけるのか!?

自分の友人で会社を起こした人間が何人かいますが、
ほとんどの人間が、起業をしてからの方が苦労しています。

もちろん全て自己責任という厳しさの中にも、
すべて自分が決済できたり、時間的な自由はありますが。

しかし本当に険しい道だと、傍から見ていても感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
明日も楽しく生きる♪

スポンサードリンク

2014/03/29 | 営業の心得

関連記事

【営業の心得3:周りの人を師匠にする】

人の成長曲線というのは、一様じゃないですし、 なにより個々にみても、...

記事を読む

【営業の心得2:まずは行動する】

営業にかぎらずですが、人間にはバイオリズムがあるので、 仕事をしてい...

記事を読む

【営業の心得:前文】

自分は営業を、計16年やって来ました。 「それだけ営業をやるとは...

記事を読む

スポンサードリンク

新着記事

まずは良い結果になりました。

こんばんは、ライフキンです。 さて先日、奥さんが採卵手術をして、...

記事を読む

先日の採卵手術では・・

こんにちは、ライフキンです。 さて先日、不妊治療の一環で、採卵手...

記事を読む

不妊治療は、まだ継続中です。

こんばんは、ライフキンです。 さて、もう9月。 西暦で考えると...

記事を読む

SKAGENの電池交換をするならば・・

こんにちは、ライフキンです。 さて今までも「SKAGEN(スカー...

記事を読む

お盆玉、もらいました。

こんにちは、ライフキンです。 さてお盆休みも終わり、徐々に日常が...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑